出会って共同購入できるの?

出会ちゃんのイメージ
セフレちゃん
アダルトちゃんと無修正ちゃん
無料ホームページたちとアクセスカウンターのみ
旅行格安と海外投資
ホーム >>

いきますよ


出会(鍬形虫、Stag beetle)とは、昆虫綱コウチュウ目(甲虫目、鞘翅目)出会科に含まれる昆虫の総称。 このグループには、体長3mm程度のものから最大120mmに達するものが含まれ世界での種類数は100属1000種を超えるが、分類の難しいグループもあり正確な数は不明である。また、最近でも多くの新種が見つかっている。さらに、甲虫類の化石はごく少ないため、甲虫は昆虫の中では新しいグループに分類されているが、新生代新第三紀鮮新世から中新世頃の地層から出会の化石が発見されており、出会は甲虫類の中では比較的原始的な種類に属していることが明らかになっている。 一般に出会として認識されているのはオスの顎が発達した種類のものであるが、オスでもメスと殆ど変わらない種も同様に存在し、比率的に特に珍しい訳ではない。 出会の成虫は比較的飼育しやすいことから、古くからペットとしての扱いが一般化していた。だが現在、オオクワガタ飼育ブームの過熱により、様々な環境問題及び社会問題が発生している(詳細は後述)。

詳細


名称
オスの1対の大顎が大きく発達し、戦国時代の武士の兜についている鍬形(型)(くわがた)の形に似ていることからその名がある。 学名Lucanidaeについてだが、Nigidius Figulusが、出会を魔除けとして使っていたルカニア地方 (Lucania) に因んでLucaniと呼んでいたことを古代ローマの博物学者プリニウスが記しており、これが由来と見られる。 英語ではStag beetleというが、stagは雄鹿、beetleは甲虫を指し、出会の大顎を鹿の角になぞらえたものである。他のヨーロッパの諸言語においても同様の由来の呼称が使われている。中国語は日本語での漢字表記と同じである。

分布
東南アジアに分布の中心があり、熱帯アフリカがこれに準じる。東南アジア周辺のオセアニアやインド方面にも多い。ヨーロッパや北米では種類数が少ないが、南米に大型種が見当たらないことは興味深い。というのも、よく対比されるカブトムシは南米を分布の中心とするが、東南アジアにも、コーカサスオオカブトなどといった大型で有名な種が多数生息しているからである。 分類学の始まったヨーロッパでは、大型種はヨーロッパミヤマクワガタとパラレリピペドゥスオオクワガタのみであった。ヨーロッパミヤマクワガタの属するミヤマクワガタ属Lucanusは出会科の学名Lucanidaeにも使われており、大航海時代に発見された海外の種は全てLucanus属に入れられていた。パラレリピペドゥスオオクワガタはオオクワガタ属の基準種である。 日本での分布 日本では37種程が知られている。ヤクシマオニクワガタを独立種として、更にマグソクワガタを出会科として認めた場合、39種となる。日本の出会は殆どが黒または赤みの混ざった黒であり、地味な印象がある。 離島の多い日本では、広範囲に渡って分布し各島で亜種を擁するものも多く、ヒラタクワガタなどは日本だけでも十数もの亜種で構成されている。一方四島として唯一九州にはキュウシュウヒメオオクワガタ、オニクワガタの各亜種が固有に生息しているほかは、本土内で亜種が分かれることは特にあまりない。 ただし、標高の高い地域にしか生息できないルリクワガタ属やツヤハダクワガタでは事情が違い、ルリクワガタ属ではルリクワガタは本州、四国、九州と全般的に生息するものの、それ以外では東北地方にコルリクワガタ、関東甲信越地方にトウカイコルリクワガタ(亜種)、中部地方西部から近畿地方にかけてキンキコルリクワガタ(亜種)、瀬戸内地方にニセコルリクワガタ、甲信地方にホソツヤルリクワガタ、四国九州の一部にミナミコルリクワガタ(亜種)と、かなり断続的に分布しており、ツヤハダクワガタの亜種でも似たような分布を示している。 全体的な分布としてはやはり南寄りで、本土に広く分布するものの中でもヒラタクワガタ、ネブトクワガタ、ルリクワガタ属、マダラクワガタなどは北海道には分布しない。逆に南方の離島には種、亜種共に固有種が多数生息している。 また、チビクワガタ属は本土にも生息はしているものの、南の離島に多く、天敵が少ないためであろうと考えられる。 離島 伊豆諸島では八丈島に固有種が多く、独立種ハチジョウノコギリクワガタとハチジョウコクワガタ、ハチジョウヒラタクワガタ、ハチジョウネブトクワガタの固有亜種、スジクワガタ、チビクワガタが生息している。一方八丈島以北の島は本土のものとあまり変わらず、伊豆大島から三宅島にかけてのイズミヤマクワガタ(亜種)のほかには御蔵島、神津島の極めて特殊な生態のミクラミヤマクワガタくらいで、本土のものと特に亜種が分かれず分布しているものもある。その先の小笠原諸島にはオガサワラネブトクワガタ、オガサワラチビクワガタが生息するが、大型種は見られない。 対馬の出会は日本列島よりも朝鮮半島との関係が強い。朝鮮半島に広く生息するチョウセンヒラタクワガタ、キンオニクワガタのほか、ヒラタクワガタの亜種ツシマヒラタクワガタが対馬にも生息しているといった状況である。周辺の離島にもゴトウヒラタクワガタ、イキヒラタクワガタという亜種が点在している。 日本で出会が最も栄えているのは南西諸島である。屋久島にヤクシマコクワガタ、ヤクシマスジクワガタ、ヤクシマオニクワガタ、ヤクシママダラクワガタの特産亜種亜種、その周辺の三島列島硫黄島と口之永良部島にノコギリクワガタ2亜種、トカラ列島にトカラノコギリクワガタ、トカラコクワガタの特産亜種とトカラ、ガジャジマ、ナカノシマのネブトクワガタ3亜種、奄美諸島には日本唯一のシカクワガタ属アマミシカクワガタやスジブトヒラタクワガタ、更には以南の奄美大島、徳之島、沖永良部島、沖縄本島、与那国島など多数の島々にマルバネクワガタ属4種2亜種やヒラタクワガタ6亜種、ミヤマクワガタ1亜種、リュウキュウノコギリクワガタ5亜種(基亜種含む)、アマミコクワガタ4亜種(基亜種含む)、ネブトクワガタ6亜種が集住している。徳之島にはヤマトサビクワガタが生息する そのほかには大東島にはヒラタクワガタの亜種とダイトウマメクワガタが、硫黄島にはイオウマメクワガタが生息している。 概して離島には地上歩行種が多いと言える。これは本土では捕食者に狙われやすかったがために絶滅し、離島のみに生き残ったからだと考えられている。

生態
成虫 成虫は一般に夜行性のものが多く、灯火にも飛来するが、ルリクワガタ類やヒメオオクワガタのように、冷涼な高緯度地方や高い標高の地域に生息するものでは、昼間活動するものもいる。 成虫の食物は、大型種ではマルバネクワガタ属などを除くと、樹液や腐敗した果実などのように糖分とそこに繁殖した酵母菌を多く含む餌に集まる種が多い。こうした食物に集まる大型種を含む系統群(タクソン)自体が、このようなパッチ状に点在する餌資源を雌雄の出会いの場とすることで雄による雌を巡る激しい資源防衛(雌自身、或いは雌のやってくる餌場の独占)のための闘争行動を行うグループとして進化したたと考えられ、これによって闘争の武器になる身体の大型化、雄の大顎の長大化といった一連の形態の進化が生じたと考えられている。 さらにこうした繁殖戦略を持つ出会では、闘争による資源防衛の成功率が高くなるためには巨大な体躯が必要となるが、これを形成するのに必要な成長量が幼虫時代に確保できなかった雄でも、小柄で身軽な体を活かして餌場の周辺を資源防衛の勝者に目立たないようにうろつき、餌場の主が気がつく前にやってきた雌にアプローチして交尾に成功する性質も同時に進化した。つまり、雄の繁殖戦略自体が成長の履歴や自らの置かれた相対的な状況に応じて切り替えられるようになっているのである。これらの出会の雄が、しばしば個体によってからだの大きさに大きな変異があり、それに連動して大顎の形態にも大きな変異が生じる性質は、この行動上の繁殖戦略が形態面に反映したものと考えられている。 こうした資源防衛戦略による大型化は複数のタクソンで複数回生じたと考えられており、例えば同じ出会科の中でもオオクワガタ属やノコギリクワガタ属などを含むタクソンと、ミヤマクワガタ属などを含むタクソンは、互いに独立にこの性質を獲得したと推測されている。 このような食性の出会は飼育下では、昆虫ゼリーと言われる専用の人工餌が開発、市販されているので、これを与えるのが便利である。また、リンゴやバナナを与えてもよい。 他に新芽や若枝に集まって大顎で傷をつけて出てきた汁を吸うもの、一生朽ち木の中で過ごし、朽木内の他の昆虫を捕食しているもの、成虫になってからの摂食活動(後食)をほとんどしないものも知られている。 幼虫 幼虫は同じコガネムシ上科に属するコガネムシ科の幼虫に似ているが、ほとんどのコガネムシ上科の幼虫では尾節に開く肛門が横に裂けて排泄時には上下に開くのに対し、出会科の場合には肛門は縦に裂けて排泄時には左右に開き、この左右に座りだこ状の突起があるため区別できる。 また、コガネムシ科の幼虫は腐植土などの比較的壊れた植物繊維質の餌を好むが、出会科の場合には繊維質の残っている固めの餌を好む(次項参照)。 幼虫期間は2年のものが多いが、飼育下では栄養素が高濃度で供給されるため、1年程度で成虫になる種類も多い。オオクワガタ、ノコギリクワガタ、ルリクワガタ類などでは夏〜秋に産卵されたものは幼虫で1年目の冬を越し、翌年の秋に羽化して成虫になり、そのまま蛹室内で越冬する。低温でじっくり幼虫に餌を食べさせたほうが大型個体になりやすいと信じられている。 餌 幼虫の餌は木材が腐朽した朽木などの腐植質であるが、生態学的に大きく白色腐朽(白腐れ)材食、褐色腐朽(赤腐れ)材食、軟腐朽材食(黒腐れ)、シロアリによって生成した腐植食の4タイプに大別される。 白色腐朽材食を獲得したタクソンは比較的新しく現れたものであるが、最も資源量が多いタイプの朽木を餌としており、地球上で最も繁栄しているグループである。オオクワガタ属やノコギリクワガタ属などが含まれるタクソンで、近年の出会飼育ブームでも主要な対象種になっているものはこれに含まれるものが多い。古い型の出会でもキンイロクワガタ属などのように、一部この性質を獲得しているタクソンが散見される。木材粉砕物と栄養添加物を混合してビンに詰め、水蒸気で高温高圧滅菌して、その中でキノコの菌糸を純粋培養した、いわゆる菌糸ビンによる飼育の対象となるのは、この型の出会である。オオクワガタのように比較的乾燥した堅い朽ち木を好むものや、ヒラタクワガタやノコギリクワガタのように湿り気の多い、場合によっては枯れ木の根株の地下部のような土壌中に埋没した部分を好むものまで、様々な環境を好むのものが分化している。 褐色腐朽材食の出会はマダラクワガタ属など古い型の出会に多い。白色腐朽材食の出会の幼虫が褐色腐朽材も問題なく食物にできるのに対し、褐色腐朽材食の出会の幼虫は生理的に白色腐朽材を食物にできないことが知られている。 蛹 3令幼虫が終齢で、この段階で十分摂食して成長すると、蛹室と呼ばれる部屋を作って体色が濃くなり動かなくなる前蛹状態になり、脱皮によって蛹になる。羽化したての成虫には色がついておらず、特に大顎の根元や前翅は色づき、硬化するのに時間がかかる。多くの昆虫と同様、この硬化はキノン硬化と呼ばれる酵素反応で、外骨格を構成するキチンから成るシートに大量に埋め込まれたタンパク質分子が、相互にハイドロキノンと反応して架橋され、これによって物理的に硬くなると同時に褐色に着色する。同時にハイドロキノンからはメラニン色素も合成され、色はさらに濃くなる。

体の構造
頭部・胸部・腹部に分けられるのは例外ではない。背面から見た場合、しばしば前胸背板が胸部に、後翅の部分が腹部にあたると誤解されるが、前胸とは胸部の一部分であり、後胸・腹部が翅の下にあることは腹面から見ればわかるだろう。 大アゴ 出会の最大の特徴でもある、一般の会話では「鋏」「角」「牙」などと呼ばれる部分は、学術的には大腮(たいさい)と呼ばれるが、愛好家の間や専門書等では大アゴと呼ばれることが多い。これはもともと採食器官として多くの昆虫にあるものが戦闘用に発達したものである。餌場やメスの取り合いにおいて使用されるが、闘争心の高い種では、目の前の動く物体を全て攻撃対象とみなしてしまうことがよくあり、大アゴの間で木片を動かしてやれば挟むし、メスさえも死に追いやることが稀ではない。そのためそのような種ではペアリングの際には注意を要する。 オオクワガタ属のものは大アゴの力が強いことが知られているが、それよりも奇抜な大アゴを持つホソアカクワガタ属やチリクワガタ属はあまり力が強くなく、過剰適応の例とされる。一般に朽ち木に産卵する種類の方が力が強いようである。 大アゴは中空だが、断面などの点で構造力学的に理に叶った形をしており、人の手で折れるようなことはまずない。 成虫は雌雄の大きさ・形が異なるものが多く、通常雌よりも雄が大きい。雄では発達した大アゴを持つ種類が多く、大アゴの形状も分類上の重要なポイントとなっている。比して、雌では殆どの種が黒っぽく同じような外観をしている。背中に模様のある派手な種ではメスにもまったく同じ模様とは限らないものの持つものもあり、識別が多少簡単にはなるが、それ以外の大勢では頭楯の形状や前翅の点刻の深さなどで判断し、オスに比べてとても難しいことは言うまでもない。植物防疫所により輸入可能な出会がオスだけと決められているのも、このような理由によるものである。 オスでも小型種であれば大アゴが発達しないものが多く、種・亜種の判別は困難を極める。このような種では、他のオスだとわかる明確な指標のない多くの甲虫 類と同じように、雌雄の判別がすぐにできないこともある。 また、幼虫時代の栄養状態や環境条件によって、体の大きさが大きく変化したり、大アゴの形状に変異が見られる種類が多い。時には別種かと思うくらい変異があることもあり、 長歯型(大歯型) 中歯型(両歯型) 短歯型(原歯型) などと分けられる。大歯型のものが人気があるが、全ての型を標本箱に並べて変異を楽しむことも多い。全ての種にこれらの型の全てが見られるわけではない。もちろん大アゴの発達があまりない種では変異もないし、オオクワガタ属でも変異が連続的であり劇的な違いは見られないが、身近なクワガタで言えばノコギリクワガタが有名である。長歯型では強く湾曲する大アゴは、原歯型では直線状で短く、内歯も目立たなくなる。尚、この類の用語はきちんと定義された学術用語ではないため、愛好家によって違う変異の体形に使われていることがあると記しておく。また、全体の大きさと大アゴの形とは必ずしも対応しない場合があり、ツヤクワガタ属や一部のノコギリクワガタ属にこの傾向が見られる。 大アゴの向かい合う方向に生えている突起を内歯(ないし)といい、先端部分を外歯(がいし)という。根元から数えて第一内歯、第二内歯と呼ぶ。内歯の数、位置、形状は重要な種の識別要素である。 脚 脚(または肢)は前胸に1対、後胸に2対生え、根元から腿節(たいせつ)・脛節(けいせつ)・フ節(ふせつ)(「フ」は足偏に付)に分けられる。脚の根元の体との接続部分を転節、転節のついている板状の器官を基節という。 飼育下ではフ節がよくとれるため、慌てる飼育初心者も多いが、出血の恐れもなく、また脚が6本もあるので1本くらい取れただけでは支障はない。ただ標本としての価値が下がるため、標本収集を目的とする者は採集したものを、フ節が取れるのを恐れて、持ち帰って飼育せずそのまま酢酸エチルで殺すことも多い。生体でも通常より値段は下がるため、主に累代飼育を目的とするものは種親の欠陥を気にせず購入するが、欠陥箇所によっては交尾や産卵に支障をきたす場合があるため、注意が必要である。 翅 他の甲虫類同様、前翅はとても硬く柔らかい部分を守る働きもしている。鞘のように後胸・腹部や後翅を覆っているため、上翅(じょうし)或いは鞘翅(しょうし)ともいう。 飛行時には前翅を開き、後翅に血液を通し広げて飛ぶが、大型種の場合飛ぶのは至極不器用で、また柔らかい部分が剥き出しになるため鳥に狙われやすい。あまり飛ばない種も多いが、翅が退化してしまっているわけではない。このような種は灯火やバナナトラップなどに集まりにくいため、ルッキングでの採集が基本となる。 飛行後、後翅をうまく畳めなくなってしまい、前翅からはみ出た状態になったり、前翅自体がきちんと閉まらなくなることがある。これは飼育下で狭いケースに入れられた出会が飛ぼうとしたときにも起りやすく、俗にはねパカという。この場合、後翅が何かに引っかかって状態が悪化することがよくあるため、はみ出た翅は切り取ってしまうのが結果的に最もよい手段である。 その他の器官 触角 基本的に10節に分かれ、根元から数えて第一節は長く、第二節との間で曲げることができる。これが出会科と他の科を識別する要素のひとつになっている。

ここが大事

ミラクル

  • ミヤマ出会属 Lucanus - ミヤマ出会・ヨーロッパミヤマ出会・カンターミヤマ出会 ミクラミヤマ出会 オーベルチュールミヤマ出会 ミヤマ出会 アマミミヤマ出会
  • オオ出会属 Dorcus - オオ出会・ヒメオオ出会・ヒラタ出会・コ出会・アンタエウスオオ出会・オオヒラタ出会・アルキデスヒラタ出会 アカアシ出会 サワイコ出会 ネパレンシス
  • ノコギリ出会属 Prosopocoilus - ノコギリ出会・ギラファノコギリ出会・アスタコイデスノコギリ出会・ゼブラノコギリ出会 トレスノコギリ出会 ウォーレスノコギリ出会 タカサゴノコギリ出会 ハチジョウノコギリ出会
  • コツノノコギリ出会属 Aphanognathus
  • オニ出会属 Prismognathus - オニ出会・キンオニ出会
  • ヒメオニ出会属 Cladophyllus

Yahoo!検索